マンスリーマンション・ウィークリーマンションとは?

マンスリーマンション・ウィークリーマンションの定義

通常、マンションの賃貸借契約は、契約期間が2年というのが一般的ですが 出張や仮住まいなど短期の滞在を目的としたマンションの契約は1週間から数ヶ月の契約期間になります。 このように短期の賃貸借契約のマンションのうち契約期間が1週間程度ものがウィークリーマンションと 1月以上のものがマンスリーマンションと呼ばれています。


マンスリーマンション業者について

マンスリーマンションの運営会社は、旅館業法の旅館業の許可を得て運営している会社(ホテル業)と 宅地建物取引業の免許受けて運営している会社(不動産業)と2つの運営タイプが有ります。 前者の場合は、ホテルの場合と同じく無審査で1泊からの宿泊が可能な場合が多く 後者の場合は、入居前に入居審査があり、契約書類に署名捺印をする必要があります。


一般的な賃貸マンションとの違い

期間 通常の賃貸マンションだと契約期間は2年というのが一般的ですが マンスリーマンションやウィークリーマンションは、最低契約日数以上であれば、 日割りで借りることができます。
設備・備品 マンスリーマンションは、ベットなどの家具やテレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどの家電が 予め設置されています。 また、家具、家電の他に食器や寝具、生活備品も設置されているマンションが多く ホテルのように何も用意せずに生活を始められます。
水光熱費 通常の賃貸マンションだと、入居者が電力会社、水道局、ガス会社と個別に契約をする 必要がありますが、マンスリーマンションの場合は、業者が既に各会社と契約をして 使える状態になっているので、マンスリーマンション業者に対して水光熱費を支払うことになります。
料金 通常の賃貸マンションだと、契約時に家賃の他に敷金、礼金、火災保険料や鍵交換代など を支払うケースが多いが、マンスリーマンションの場合は、賃料の敷金や礼金を 支払う必要はなく、月々かかる家賃と水光熱費の他は清掃費を支払うケースがほとんどです。
退去 通常の賃貸マンションだと、退去時間を不動産会社に連絡し、不動産会社の担当者が立ち会いのもと 室内のチェックをしてからの退去になりますが、マンスリーマンションの場合は 特に退去時間の連絡をする必要もなく、契約満了日までに退去していれば問題ありません。 鍵は郵便ポストに投函しておくか、郵送で業者に送付するのが一般的です。


シェアハウス、ゲストハウスについて

シェアハウスやゲストハウスは、一つの住居を複数人でシェアする形態の賃貸住宅で キッチンや、リビング、バスルームなどを共有し、寝室が各入居者のプライベート空間となります。 契約期間や料金体系はマンスリーマンションと同じく短期間から借りられるものが多いです。